Home > News > News:日本タンゴセラピー協会からのご案内

News:日本タンゴセラピー協会からのご案内

2018.06.05

FJTAでは、昨今益々その活動の意義が注目されている
日本タンゴセラピー協会の活動を後援しております。

—————————————————————————————
日本タンゴセラピー協会からのご案内
—————————————————————————————
FJTA会員の皆様へ

こんにちは。日本タンゴセラピー協会のケニーです。

「タンゴセラピー」

お聞きになったことはあるでしょうか?

「ふれあい(アブラッソ)・音楽にのってリズムをとる・歩く」という
アルゼンチンタンゴの特徴を活かしたセラピーです。
それぞれの特徴に、人の心と身体や生活に良い影響を与える要素があることがわかっています。

タンゴセラピーは、ご高齢の方・パーキンソン病や認知症疾患をお持ちの方・障害のある方等様々な方を対象に、
リハビリやストレス解消、心身の健康増進、人生の幸福度をアップしていくこと等を目的としています。

当協会は、2009年から介護施設でタンゴセラピーボランティアをスタートし、
タンゴセラピー及びアルゼンチンタンゴを普及させるべく活動を続けています。
(2016年にNPO法人化)

タンゴセラピーを行う人材を育てるべく「タンゴセラピスト養成講座」を
年2回程度開催(修了生は現時点で122名)、
活動先は東京・名古屋・兵庫にある介護施設や障害者施設、パーキンソン病友の会、
就労支援センター(鬱病をお持ちの方)等15カ所に増え、
より多くの方にタンゴセラピーを受けてもらえるようになりました。
その数は現在も増え続け、セラピストやボランティアの人数が足りなくなっています。

タンゴセラピーは、セラピーをする側・受ける側双方が癒し癒され、幸せな気持ちになれるだけでなく、
人対人のコミュニケーションからたくさんの学びが得られます。

アルゼンチンタンゴを踊られる先生方、愛好家の皆様にもぜひこのタンゴセラピーに触れていただき、
アルゼンチンタンゴの良さを更に噛みしめ、タンゴセラピーの心地よさも感じていただけたら、と願っています。

今後もタンゴセラピーとアルゼンチンタンゴを広めていく上で
皆様と協力し合いながら活動をしていけたら、大変嬉しく思います。

ご興味のある方は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
お待ちしています。

お問い合わせ:
NPO法人 日本タンゴセラピー協会
e-mail : tangotherapyjapan@gmail.com
HP : http://tangotherapy.wixsite.com/japan

【協会理事】
代表:アルベリシ・カロリーナ
エンリケ・モラレス
松永眞由美
木下亜希子
関久枝
本多道明
中川健一郎

PageTop